DINING & WEDDING

ダイニング&ウェディング
今こそ!
- オーセンティック婚 ・ラスティック婚 -

結婚式をする意味を考えると
その本質が見えてきます

その本質を大切にしたスタイルを
「オーセンティック婚」といい

それを自然で素朴な飾らないスタイルで行うと
オシャレな「ラスティック婚」となる
 
Authentic Wedding
− オーセンティック婚  7つのポイント 

自分たちの優先度を決める

お金をかけるポイントは何かを考え
本当に必要なものを考え選択する

華やかな会場が全てかは疑問!
これが結婚式場離れが多い理由です


  
lecture de minuit

二人の思いを尊重する

本来結婚とは 二人で行うものですよね!

二人の思いを 互いに尊重して下さい

KUZE WEDDING


家族の思い

両親や家族は二人の結婚を楽しみにしています

お互いの家族に思いやりをもち 大切にして下さい
これまでの感謝と愛情を あらためて実感します

D&W


自分らしさ

自分が主役婚から 周りとの調和を知る婚への変化

それは個性を消すのではなく
自分らしさ 素の自分に似合うスタイルを追求すること

パンツやインポートドレスが増えているのもその証

トレンドや新しいものに振りまわされず
好きなものを無理せず着こなす

それが現代の花嫁です


lecture de minuit

品格を忘れずに

自由なスタイルで楽しむ花嫁が増える一方
オーセンティックな美に欠かせないのが

気品ある優雅な アティチュード
(行動ではなく 人や物事に対する考えや姿勢)

内面的な品性を磨くことで 自ずと洗練された装いとなり
時がたっても色あせない美を残せることでしょう


lecture de minuit

品質にこだわる

派手な演出やきらびやかな装飾も素敵だけど
見た目よりも"中身"を重視したいのが今の花嫁です

料理の質や サービス ギフトの内容など
ゲスト視線で見ても 印象に残るウェディングを叶えよう


料理LULL


心地良さ

結婚式は 穏やかな空気に包まれたものでありたい

会場やプログラムを考えるにあたり
誰にとっても心地よい時間が過ごせるようにしたい

だからだろうか
近年「行き飽きた」と式場離れが多いのも事実!

海が見える結婚式場HAZE

神前結婚式

前 婚式
− 神前結婚式ってどんな式 

明治33年、当時皇太子であられた大正天皇のご婚儀が、皇室内の賢所(かしこどころ)で行われ、このご慶事を記念して、翌年 東京大神宮では、一般の方々に向けた神前結婚式が行われたのがはじまりです。

福井県護国神社

福井県護国神社の神前結婚式
●由緒
内務省の令を受け、明治維新の志士 橋本景岳(左内)氏並びに、福井県の戦没者の御霊をお祀りし昭和16年3月に創建。
●御祭神
明治維新以来の日清・日露の両戦役と大東亜戦争の3万2千余柱の英霊を、平和と護国の大神様としお祀りする。
注意:コメントの著作権はサイト管理者に移転

行幸啓・皇族ご参拝の記録

行幸啓・皇族ご参拝の記録
昭和37年4月22日 天皇皇后両陛下 行幸啓
昭和43年9月  4日 皇太子両妃殿下 御参拝
昭和41年6月  2日 常陸宮殿下 御参拝

参進の儀

福井県護国神社の参進の儀
参進の儀とは、心を鎮め 心を整え 神殿へむかいます
 
− D & W −
ダイニング & ウェディング