DINING & WEDDING

- D&W -


日本には四季があり
四季に合わせた食材がある
食でゲストをもてなす
そして 人との懇親や交歓を大切にした
大人のウェディングを提供します
 
Authentic Wedding
− オーセンティック婚  7つのポイント 

自分たちの優先度を決める

華やかな会場が全てかは疑問!
これが結婚式場離れが多い理由です

お金をかけるポイントは何かを考え
本当に必要なものを考え選択する


D&W WEDDING
 

二人の思いを尊重する

本来結婚とは 二人で行うもの!
二人の思いを 互いに尊重して下さい

D&W WEDDING


家族の思い

両親や家族は二人の結婚を楽しみにしています

お互いの家族に思いやりをもち 大切にして下さい
これまでの感謝と愛情を あらためて実感します

D&W WEDDING


自分らしさ

素の自分に似合うスタイルを追求すること
パンツやインポートドレスが増えているのもその証

トレンドや新しいものに振りまわされず
好きなものを無理せず着こなす

それが現代の花嫁
自分らしさ です


D&W WEDDING


品格を忘れずに

自由なスタイルで楽しむ花嫁が増える一方
オーセンティックな美に欠かせないのが

気品ある 優雅な アティチュード
(人や物事に対する考えや姿勢)

内面的な品性を磨くことで 自ずと洗練された装いとなり
時がたっても色あせない美を残せることでしょう

D&W WEDDING


品質にこだわる

派手な演出やきらびやかな装飾も素敵だけど
見た目よりも"中身"を重視したいのが今の花嫁です

料理の質やサービス ギフトの内容など
ゲスト視線で見ても 印象に残るウェディングを叶えよう

D&W WEDDING
料理LULL


心地良さ

結婚式は 穏やかな空気に包まれたものでありたい

会場やプログラムを考えるにあたり
誰にとっても心地よい時間が過ごせるようにしたい

だからだろうか
近年「行き飽きた」と式場離れが多いのも事実!

海が見える結婚式場HAZE

 

Wedding Report
Wedding Report
− ウェディング レポート 

小さな結婚式、会費制パーティ、ガーデンウェディングなど、セレモニー&パーティーをされたカップルのレポートです!
 

Hiroyuki & Aoi 's Wedding

D&W WEDDING
神前結婚式のあと
福井の昔ながらの伝統
お饅頭まき...

憧れの白無垢

D&W WEDDING
いつの日からか、
挙式は和装と決めておりました。

この日だけ袖を通すことが出来るのが白無垢。

白無垢は、生まれ変わりを意味する衣装、
生家の娘としての役割から、
婚家の嫁として新たに誕生することを意味します。

足羽神社での結婚式

D&W WEDDING
御創立1500有余年の歴史を有し、
越前祖神と称される足羽神社。
末永くこの国の守り神とならんと、継体天皇が主祭神として祀られる。

三三九度

D&W WEDDING
盃を交わし、
夫婦の契りを交わします。

一同退席

D&W WEDDING
神前式がおわり、
神殿を退席。
このあと集合写真です。

おまんじゅうまき

D&W WEDDING
福井の昔ながらの伝統、
おまんじゅうまき。
昔は新郎の家の2階から1000個から2000個、まんじゅうやお菓子をまき、結婚を祝いました。
そんなふ風習が福井にはございました。

老舗料亭 丹巌洞

D&W WEDDING
ここは、幕末の志士  坂本龍馬が訪れた記述がのこる丹巌洞。
多数の知名文人墨客が来遊し、坂本龍馬と由利公正の会見記も保存されている。

今から披露宴

D&W WEDDING
家族・親族・親しい友人だけで、
丹巌洞にて披露宴を行いました。

お饅頭 入刀

D&W WEDDING
和菓子屋さんで、
大きなお饅頭を作ってもらい、
入刀しました。

記念に両親も参加してもらいました

D&W WEDDING
ファーストバイトは新郎・新婦
セカンドバイトは両親...

色打掛

D&W WEDDING
白無垢は「嫁ぎ先の色に染まる」などの意味があり、
色打掛は「婚家の人になった」という意味が込められた礼服です。

白無垢・色打掛、
共に生涯に一度だけ袖を通すお姿です。
 
− D & W −
ダイニング & ウェディング